補聴器

トップページ > 補聴器

ここから本文です。

補聴器

日常生活に欠かせない「聴力」をアシストする補聴器。聞こえ方には人それぞれ違いがあり。補聴器も使う人によって違う物が必要です。
中井時計店では、お客様の聞こえ方やライフスタイルに合わせた補聴器をお作りいたします。

初めて補聴器を使われる方や買い替える方のために、軽度~重度難聴用のお試し補聴器をご用意。無料で数日間お試しいただけますのでご安心ください。

また補聴器は、一度作って終わりではありません。使い続けながら、聞こえ具合や装着感などの調整やアフターケアが必須です。当店のお客様には、こうした補聴器のアフターサービスを無料で実施いたしております。

最近、こんなことありませんか?

家族に「テレビやラジオの音が大きい」とよく言われる 話をしていて、相手の言葉を聞き直すことがしばしばある 今の補聴器が聞こえにくくなってきた 銀行や病院で、自分の名前を呼ばれても気づかない 背後から呼ばれても気付かないことがある

こんな方は、補聴器の始め時・替え時かもしれません。
聞きづらい状態をそのままにしておくと、不便なだけでなく、大きな事故につながる恐れもあります。
ぜひお早目にご相談くださいませ。

補聴器の種類と特長

耳あな形

耳あなに収まるタイプ。耳あなにスッポリ収まる小型のものから、耳の外にまでくる大型のものまでいくつかのタイプがあります。耳あなの形状と聞こえの程度にあわせて作るオーダーメイドタイプが一般的です。

耳かけ形

耳にかけて使用します。操作が簡単で扱いやすいのが特長。汗が入りやすいのが難点ですが、汗に強い機種も出ています。

ポケット形

本体をポケットに入れ、イヤホンとコードをつないで使用。操作は比較的簡単で、機種によっては高出力が得られます。コードが邪魔になったり、たまに衣ずれ音が入ることがあります。

眼鏡形

眼鏡のツルの部分に補聴器を内蔵させています。眼鏡と補聴器を併用できる利点はありますが、レンズと補聴器の両方を調整する必要があります。

特殊補聴器

離れた場所に設置したFM送信機から手元の補聴器に音を送る、騒音に強いタイプや、高音域の子音を聴き取りやすいよう周波数を圧縮するものまで、特殊な用途で使う補聴器もあります。

補聴器ご購入の流れ

STEP1 ヒアリング

日常生活での聞こえ方について、ご不便やお困り事をお聞かせいただきます。
例えば「聞きづらくなった」という方には、それがいつ頃からのことで、どんな場所で、どんな音や声が聞きづらいのか、などを詳しくお聞きします。
また、現在補聴器をお使いの方には、その使い心地やご不便などをうかがいます。
耳のことで気に掛かることなど、どんなことでもお気軽にお話しください。

ヒアリング

STEP2 聴力測定

お客様の聴力に適した補聴器をお作りするため、聴力測定を丁寧に行います。
測定時間は10分ほどです。

聴力測定

STEP3 補聴器の選定

お客様の聴力や使い方、頻度に応じて機種を選びます。
各メーカーの機種にはそれぞれ特徴がありますので、ご要望をうかがいながら、お客様に最もふさわしい製品をご提案いたします。

既製品の場合は、在庫があれば即日に調整してお渡しさせていただきます。

補聴器の選定

STEP4 製作・フィッティング

快適にご使用いただくため、お客様の耳の形に合わせた補聴器を製作します。
(耳あな形の商品などは7〜10日程度かかります)
製作した補聴器が耳にフィットしているかの確認(フィッティング)を行います。うまく合わない場合、違和感がある場合は調整します。

製作・フィッティング

STEP5 設定・お引き渡し

様々な環境での試聴を行いながら、お客様の聞こえ方に合わせて音量・音質などの調整を行います。
設定が終わりましたら、取り扱い方法のご説明などを経てお引き渡しとなります。

設定・お引き渡し

アフターサービス・保証について

補聴器は、耳栓などが耳あかで詰まったり、中に汗などが入ったりすることがよくあります。
そのままお使いいただきますと、聞こえが悪くなったり、本体の故障にもつながりますので、定期的な点検、掃除が必要です。
当店ではお客様の補聴器を、いつでも無料で点検・掃除させていただきますので、お気軽にお越しくださいませ。
なお、補聴器メーカーの保証期間は1~2年ですが、水没した場合は保証されません。入浴時などくれぐれもご注意ください。

関連サイト

ページの先頭へ